読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simplestarの技術ブログ

目的を書いて、思想と試行、結果と考察、そして具体的な手段を記録します。

Webcam画像を表示

CV

EWCLIBヘルプ
というものを使いました。

下記コード(これだけではビルドが通りませんが…)の要領で Webcam 画像を表示してみました。

// OpenCVCameraViewer.cpp : コンソール アプリケーションのエントリ ポイントを定義します。
//

#include "stdafx.h"
/**
* @file Threshold.cpp
* @brief Sample code that shows how to use the diverse threshold options offered by OpenCV
* @author OpenCV team
*/

#include "opencv2/highgui/highgui.hpp"
#include "ewclib/ewclib.h"

using namespace cv;
const char* window_name = "Threshold Demo";

/**
* @function main
*/
int main(int, char** argv)
{
	EWC_Open(0, 640, 480, 60);
	EWC_Run(0);
	void* pBuffer = nullptr;
	namedWindow(window_name, WINDOW_AUTOSIZE);
	EWC_GetBuffer(0, &pBuffer);

	Mat dst = Mat(480, 640, CV_8UC4, pBuffer);
	while (true)
	{
		imshow(window_name, dst);

		int c;
		c = waitKey(20);
		if ((char)c == 27)
		{
			break;
		}
	}

	destroyWindow(window_name);
	EWC_Close(0);
}

Visual Studio 2015 でビルドしようとすると qedit.h が足りないと怒られたので、次の記事を参考に解決してみました。
失った時を数えて: #include "qedit.h"におけるエラーの解決方法

実行すると Webcam の映像がウィンドウに表示されます。


この ewclib の中を勉強してみたいと思います。
f:id:simplestar_tech:20160719002833j:plain