読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simplestarの技術ブログ

目的を書いて、思想と試行、結果と考察、そして具体的な手段を記録します。

UnityでMMDのPMXを表情モーフ付きでダンスするFBXとしてアセット利用する話

今回のトピックは Unity で MMD モデルにモーション付けて再生するというものです。

f:id:simplestar_tech:20161127154304j:plain

みなさんご存じ(?)のMikuMikuDance(MMD)と呼ばれるソフトウェアは、VPVP公開されているの3DCG動画作成ツールです。

表情豊かに歌って踊る3DCGコンテンツを探すと、ほとんどMMDに関わるものであり、データの形式はPMX, VMDです。
これらを Unity で扱う FBX 形式のデータに変換して再生する方法を紹介します。

まずは Unity 5.5.0f2 (64-bit) リリース: November 25, 2016 を起動します。
何もアセットが無い状態で、そのままだと空のシーンとなっています。

まず初めに行うのが Stereoarts Homepage さんのページに行き、MMD4Mecanim (Beta) の最新版を入手し
解説にあるチュートリアル(基本編)に従って操作し、任意の PMX ファイルを FBX に変換してシーンに配置します。

今回は任意の PMX に
3d.nicovideo.jp
からダウンロードしてきた、ぽんぷ長式の「村雨」を使うことにします。

チュートリアルを間違えなければ、このようにモデルを配置できると思います。

f:id:simplestar_tech:20161127160653j:plain

次に、踊ってもらいたい楽曲と楽曲用のモーションを選びます。

今回は Girls(EasyPop) にしようと思います。
楽曲を購入し(iTunesだと200円でした、やしぃー!)
iTunesの編集→設定メニューからインポート設定をいじってmp3に変換できるようにし、mp3ファイルを用意します。
これを Unity の Audio Source に設定すれば Audio Clip の完成です。

再生すると、ゲーム内で楽曲が響き渡ります。

次はモーションの VMD ファイルです。
bowlroll.net
こちらからダウンロードしてきました。

MMD4Mecanimのチュートリアルに従い、VMDを読み込ませてFBXのアニメーションとします。
変換にけっこう時間かかります。
出来上がったFBXにはアニメーションが含まれるようになっていて、これを Unity の Animator Controller のステートに設定すれば
ステート遷移したときに、踊ってくれるようになります。

表情やリップのVMDも一緒に変換していればFBXにアニメーションとして入っているのですが、モーフは再生されません。
f:id:simplestar_tech:20161127180733j:plain

最後に表情モーフをつける方法を紹介します。
対象となるキャラクターオブジェクトのコンポーネントに次のスクリプトコンポーネントを追加します。
MMD4MecanimAnimMorphHelper.cs
表情やリップのVMDの変換を終えていれば.animファイルが作られていますので、これらをそれぞれのMMD4MecanimAnimMorphHelperに設定します。
f:id:simplestar_tech:20161127181801j:plain
再生するアニメーション名の欄が空欄になっているので、それぞれ「表情」「リップ」を書き込みます。

これで、全身のモーションに加えて、表情とリップのモーフが付くようになります。
f:id:simplestar_tech:20161127181655j:plain

おまけ:
購入した楽曲と、モーション付けに参照された曲がちょっとずれていました。
え、今までの人たちはオリジナルの曲を使っていない!?
仕方なく、私は購入した楽曲の余白を調整して、音ズレを回避しています。

参考までに mp3 ファイルの余白調整には
mp3DirectCut - fast MP3 and AAC editor and MP3 recorder
を使いました。